今宵はエンジニア時代の元上司のK氏との定期飲み会でした。当時K氏は断トツのトップ営業マンで、一方の私は流量計システムの設計担当でした。
上場企業でありながらドメスティックな会社だったため、私たちが所属していた海外部は小さな部署でした。ただ、そのおかげて私は設計のみならず、営業支援・調達・現地(アルジェリアやタイ、イランなど)での試運転など様々な経験を積むことができ、それが今の私の独立のノウハウとして活かすことができていると実感しています。

海外でのお客さんとのお酒の飲み方を教えていただいたのも紛れもなくこのK氏。「川崎君は歌って踊れるエンジニアになれ!」と当時ウイスキーのボトルをよく口に突っ込まれたのも今となっては良い思い出(←よく考えたら普通にパワハラ(笑)。)。

役員になられた今でも私と当時と全く変わらずお付き合いをしてくださっているK氏には本当に感謝いています。加藤さんにはいつか会社のNo.1となっていただき、一緒に更に大きな仕事をしましょう!と半ば強引に約束した夜でした