昨日は東京都主催の「外国企業と都内中小企業とのマッチング商談会」のトータルアドバイザーとして参加してきました。
「KPI(目標数値)の半分も達成できないかもしれません!どうか助けて下さい。」と1番札を取ったJTBさんから話があったのが昨年の11月。私もこのような他業種が参加する商談会のコーディネートは未経験だったため(しかも、ものづくりほぼ、関係なし)、依頼事項の説明を受けた直後、コンマ何秒か断ろうかとも考えましたが、東商さんと東京都さん自らのご紹介だったこと、また断るしても紹介できる人も見当たらず、また私自信にとっても良い経験にもなるかと考え、見切り発車で引き受けることに。

目標を達成するのに(特に参加中小企業の誘致に)相当苦労しましたが、様々な皆さんのご協力のおかげで、何とか130%以上のKPIを達成することができ、また参加企業様のアンケート結果も期待をいい意味で裏切り、思った以上に良く一安心。

一方、本事業が東京都の予算以上のGDPを創出しているどうかは疑問のため、東京都の責任者の方にそのところ(予算の消化という概念は捨てないとならない)を熱弁したところ、「本当におっしゃる通りなので、来年度の事業からは商談会事業については計画段階からご参加いただけないでしょうか?」とこのとで、突如3月から東京都の計画打ち合わせから参加することに。

次回の商談会事業は10~15名程度の診断士・専門家のチームを組むことになりそうです。

本事業のセミナー講師としてご登壇くださりました中高 英明さん、テレアポリスト作りなど様々な点でサポートいただきましたConnectiv株式会社の皆さん、本当にご協力ありがとうございました!