昨日、モノづくり補助金の採択結果が出ました。当社は「導入費用が本当に必要で、設備導入費用以上の付加価値が創出出来る計画」しか支援しないと決めているため、今回も4社のご依頼中2社のみ実施。そして2社とも採択されました(支援をお断りした2社は別の形で支援をしています。)。

ただ、今回は採択率が50%以上と異常に高く、私の支援先様が採択されるのは、当初の計画からしっかりしているから当たり前。問題なのはこの採択率が高い状態は補助金ハンターを増やし、無駄な設備導入を助長してるということ。

個人的には、早期採択分のような20~30%くらいの採択率を維持するような予算編成にし、その分の税金を他のもっと支援が必要な事業に充ててほしいと思います。